トップ 政治 国際関係 経済 社会・文化 連載
Members

Commentary

少数民族統治に起用される畑違いの政治エリート
新疆ウイグル自治区トップの馬興瑞とは何者か

熊倉潤
法政大学法学部国際政治学科教授
政治
新疆ウイグル自治区のカシュガル旧市街。再開発が進みつつある(筆者撮影)
新疆ウイグル自治区のカシュガル旧市街。再開発が進みつつある(筆者撮影)

 近年、新疆ウイグル自治区では、100万人もの無辜(むこ)の民が再教育施設に強制収容されたとして国際的注目を集めている。

 大規模収容政策を指揮した自治区党委員会書記の陳全国は、2021年12月にその職務から離れた。このとき馬興瑞(ば・こうずい)という人物が後任の書記に起用されたが、馬興瑞という人物については、さほど知られていない。広東から新疆に赴任した馬興瑞とはいったい何者なのか。

 実は馬興瑞の人事は、3期目を迎えた習近平政権の、少数民族地域や香港などに対する統治のあり方と関係している。本稿では、馬興瑞の新疆ウイグル自治区党委員会書記への起用を例に、習近平政権の国家統合の特徴と考えられる、「畑違いの人物」の起用について見ていきたい。

快速の昇進で「航天」局長となった技術系官僚

 2021年12月に陳全国に代わって新疆ウイグル自治区党委員会書記に就任した馬興瑞は、どのような経歴の持ち主であるのか。そのプロフィールを探ると、特徴的な点が浮かび上がる(注1)。

 1つは、馬興瑞がもともと技術系の専門家で、技術系官僚であったことである。1959年に黒龍江省双鴨山の鉱山労働者の家庭に生まれた馬興瑞(祖籍は山東省)は、1978年に阜新鉱業学院に入学後、機械力学を学ぶようになる。1982年に同学院を卒業後、天津大学力学系の修士課程に進み、1985年にはハルビン工業大学の博士課程に入った。1988年に同大学の飛行力学の研究室で博士号を取得し、同年に、入党した。

 その後、ハルビン工業大学で講師となり、わずか数年で副教授、教授と快速の昇進を遂げ、1993年には航天工程・力学系の主任に就いた。1996年には同大学の副校長に就任したが、それもつかの間、同じ年のうちに中国空間技術研究院(五院)の副院長に抜擢された。1999年には宇宙開発、ロケット、ミサイルなどの開発、製造を担う中国航天科技集団の副総経理のポジションに入り、2007年に総経理に昇進した。2013年に工業情報化部副部長に就任するまで、14年ほどを「航天」で過ごした。

 工業情報化部に移ってからも、同部の管理下にある国家航天局局長になるなど、「航天」とのつながりが続いた。ここ数年、習近平政権下において技術系官僚の起用が相次いでいるが、とくに「航天」関係者の昇進が目立っており、馬興瑞の人事もそうした流れの中に位置づけることができよう。

1 2 3